新世界篇

「ニスを塗りたくったつちに花は咲かない

全身の毛穴が深呼吸するうまい空気が吸いたい

赤子のようになきわめく勇気を

世界のすべてが遊ぶためにある天才のめ

スレた大人の

ミカヅキモの定規で測られるくらいなら

脳漿(ノウショウ)をセシウムまみれの海水で満たした方がマシだ

こんな時代に生まれてと嘆く

親切な物差しもあるだろうが

天才にとってみれば

こんな世界こそ絶好の遊び場だ

嘆くひまさえ与えぬといったあのくしゃくしゃな笑顔を見てみろ

水晶よりも底なしのあのこうきなめを見てみろ

今へいぶく生命へ向かって

希望が流れ込んでいるのが見えるだろう

めしを炊くゆうげのような記憶が見えるだろう

いぶくろがいきりたって

ぴちぴちと生きたがっている」

 

A Verse For A New World

[A flower does not bloom on painted ground.

It wants to breathe the air through the pores of it’s whole body.

 

Dare to cry out like a baby.

Everything in the world exists for you to play with.

 

We all lose our innocence,

But it’s better to be crazy than to be judged sane by the world.

 

Adults lament,

To be born into this age.

 

But for the genius child,

This world is the perfect playground.

 

Look at that simple smile,

Saying “there is no time to complain”.

 

Look at those eyes,

More bottomless and bright than crystals.

 

Life is now.

And hope keeps blooming.]